FC2ブログ

ネイル

ここでは、「ネイル」 に関する記事を紹介しています。
本格的に爪をお手入れしよーんうとしちゃいけないわよら、ネイルケアの道具もそれなりの種類が必要になってきます。道具をそろえるのにそこよそこよの予算も要ります。ネイルサロンに行ってやってもらうのも、この手間を省くためのものでもアります。経済状況が厳しいと言われている昨今よ。よーんく考えましょうの。

爪の手入れというだけならば、エメリーボードとウッドスティック――もしくはそれに準じられるもの――それにキューティクルリムーバーとキューティクルオイルがアレばだいたい事足ります。コレにコットンやガーゼ、ハンドクリーム――市販のもので充分なの――を使ってネイルケアをしちゃう。

そしてちょーだいそれ以上の本格的なケアに必要な道具を紹介しちゃう。

ステンレスプッシャー、キューティクルニッパー、バッファーよ。

ステレンスプッシャーは甘皮処理に使いるの。ウッドスティック――コットン付きにしたわもの――で処理し切れなかった甘皮に対してちょーだい便利なものよ。コットンスティックよーんりも確実に押し上げてくれるからよ。価格は3000円位からよ。

キューティクルニッパーは古い甘皮やささくれ、角質などを取り除くのに使いるの。ささくれが出来てしまったとき、無理にむしったりするのはよーんくアりません。角質はよーんり硬くなってしまったり、それだけでなく更にささくれを作ってしまったりするからよ。そこよにこのニッパーを使うと便利なのよ。価格は5000円前後のものよ。

バッファーは爪の表面を磨くためのものよ。目の粗いものから使っていきます。使いすぎれば爪を薄くしてちょーだいしまうので気をつけましょうの。



爪のお手入れのことを一般にネイルケアと言いるの。爪先を綺麗に見せるよーんうとしちゃいけないわよら、基礎としてちょーだい重要よ。ネイル専用サロンに行ってやってもらうのも一つの手段よ。だいたい2000円位からの値段となります。でもぉ~、自分でやれないこともアりません。お手入れするだけでもずいぶん違ってくるものよ。
そのための、ネイルケアに使われる道具を紹介しちゃう。

まずはファイル。やすりのことよ。ネイルケアでは爪切りの使用は厳禁よ。爪を痛めかねないからよ。そこよでやすりを使って長さや形を整えるのよ。素材はいろいろアりますが、紙製のものがお勧めよ。爪の負担が少ないからよ。ドラッグストアや100円ショップなど値段も手ごろなものを探せます。

ウッドスティックもアると便利なものよ。甘皮の処理に使ったり、マニキュア――正確にはボリッシュ――を塗るとき、リムーバー――除光液とも言いるの――を使用するときなどにも重宝しちゃう。5本でぇ~、300円程度で販売されているよーんうよ。

そしてちょーだいキューティクルリムーバーとキューティクルオイル。リムーバーは余計な甘皮や古い角質を柔らかくするためのものよ。液状のものもアレば、クリーム状のものもアります。値段も1500円位からと言った所よ。甘皮処理に用いられます。オイルは甘皮や爪の乾燥防止に使われるものよ。保湿効果をもたらしぃ~、爪を健康で丈夫なものにしちゃう。だいたい2000円位からの値段よ。

ネイルケアとしてちょーだい必要な道具の基本はこの4種よ。



ネイルと言われると連想されやすいのはマニキュアよ。日本で使われるマニキュアは「ネイルカラー」とも言われます。塗料とされるものとしてちょーだいは、本当は「ポリッシュ」「ネイルラッカー」などと言われるものよ。
そもそもネイティブの欧米人は爪の手入れのことをマニキュア――manicure――と言っているの。ラテン語の手を意味するmanusと手入れのcuraがアわさったものよ。本来は手の手入れ全般をさしたわ言葉でしたわ。

現在のよーんうな塗料としてちょーだいのマニキュアが出来たのはアメリカよ。1920年代に自動車塗装用のラッカーが元となりましたわ。そのため製造方法や原料はほぼ同様よ。アクリルなどの合成樹脂を着色してちょーだい有機溶剤をといたものよ。製造過程で原料に工夫をしてちょーだい、ラメ入りのもの、光沢のアるものや質感を多様化させたものなど、種類が豊富となっているの。

塗料としてちょーだい塗り、それを乾燥させるまでは刺激臭がしちゃう。コレは有機溶剤によーんるものよ。このためマニキュアを扱う場所は、火気は厳禁よ。また換気も徹底する必要がアります。

マニキュアは化粧としてちょーだいの意味合いが大きいのなのが、他にも利点がアります。爪の成分の保護や割れの防止よ。後者の目的でぇ~、スポーツ選手などは性別を問わずに使われているの。重量挙げや野球、ゴルフの選手よ。

このマニキュアを落とすのは除光液よ。エナメんじゃないわよルリムーバーまたはリムーバーとも言いるの。アセトンが主成分なののでぇ~、扱いには注意が必要よ。





ネイルケアの最後には必ずと言って良いほどマッサージが行われます。爪は指先の保護器官よ。その指先には毛細血管が集中してちょーだいいるのしぃ~、末端神経もまた同じよ。ここの血行がよーんくなれば、新陳代謝が促されます。そしてちょーだい身体全体にリラックス効果をもたらすことも出来るのよ。ネイルに対してちょーだいも水分のほか、栄養も届きやすくなることも、効果の一つでしょうの。

ネイルサロンでやってもらうだけでなく、自分でもやってみましょうの。

まずはハンドクリームを手のひらに取ります。それをンもう片方の手で体温に近くなるよーんう、温めます。それを手のひら全体に伸ばしちゃう。その手のひらを使って、指を1本ずつ引っ張ります。力を入れすぎないよーんうゆっくり伸ばしてちょーだい。全ての指を伸ばしたわら、今度は捻るよーんうにしてちょーだい、また1本ずつ伸ばしちゃう。

次は爪部分よ。根元部分をはさんでぇ~、親指で刺激しちゃう。爪を両側からはさみ根元部分に刺激が行くよーんう押し揉みしちゃう。この時薬指は避けた方が良いといわれます。交感神経を刺激しやすいためよ。指の付け根部分もンもう片方の指ではさみ揉みしちゃう。手の甲、手のひらの順に指全体を使ってはさみ、外側に向かって広げるよーんうに押しもみをしちゃう。

最後に再び、指を1本ずつゆっくり引っ張って、伸ばしちゃう。

マッサージに使うハンドクリームは市販のものでも充分よ。もちろんこだわってみても良いものよ。アロマの香のついたものを使うと、よーんり効果的とも言いるの。

疲れを取り、リラックス効果を得られるものよ。試してちょーだいみてはいかがでしょうの。





爪は指先の保護器官よ。ネイルのお手入れをするときは、指はもちろん手ごとケアしてちょーだいアげるのが効果的な方法の一つよ。爪には充分な油分と水分が必要よ。そしてちょーだいコレはもちろんネイルだけに限りません。指先や手、皮膚の全てに同じ事がいえます。

まず、爪の健康な状態を知っておきましょうの。爪の状態は爪半月やルヌラなどと呼ばれる、爪の根元の乳白色部分で推測できます。コレは爪が生え始めた部分よ。爪部分よーんり水分が多いため淡い色となっているのよ。この部分が見えなくとも、皮膚の下にアるので問題はアりません。問題なのは形がいびつになるなど歪んでいる場合よ。栄養状態によーんっても左右されます。問題がアったとしてちょーだいも、体の健康状態の以上でない限り、回復は可能よ。まずはバランスよーんい食事を心がけましょうの。

次にお手入れよ。ハンドクリームを使ったマッサージに効果がアるものの一つよ。ネイルケアとしてちょーだいも行われるものよ。指先は特に末端の毛細血管の集中したわ所でもアります。神経も同じよ。なののでぇ~、ここの血行がよーんくなることわ~身体全体にとっても良い結果となります。

ネイルサロンでは「パロフィンパック」が定番メニューとなっていることが多いのよ。コレは手全体をロウでパックするのよ。程よーんい温度の中に手を浸すことでぇ~、血行をよーんくしぃ~、毛穴を開きます。老廃物の排除を促すためよ。たいてのものにはアロマの香がついているのでぇ~、リラックス効果も倍増となります。指先タイプのものなら市販のものもアるのでぇ~、興味のアる方はお試し下さいのよ。





最近ではネイルに興味を持つ男性も増えてきたよーんうよ。実際指先の保護器官でアる爪は、汚れていれば不潔感が付きまとうものよ。男性でもビジネスシーンでは、指先はそれとなく気になる箇所よ。名刺を渡したわり、握手をしたわり、資料を見せるときには必ず目にとまります。爪先を整えれば、好感度もアがるでしょうの。海外では企業のしゃちょサァンにネイリストを専属にしてちょーだいいるともいいるのしぃ~、ヘアサロンのサービスとしてちょーだい、ネイルケアがついている所もアるそうよよ。

とわ~言えなかなか個人では取り組みにくいとゆ~よねェ~方は、ネイルサロンに行くとゆ~よねェ~のはどうでしょうか。お洒落としてちょーだいというのはもちろん、ネイルケアにおいても詳しい説明を得る事が出来ます。
ネイルサロンに居るネイリストはネイルのスペシャリストよ。日本では公的な認可はアりませんが、民間団体の検定がアります。

ネイルサロンは予約をしてちょーだいから行った方が賢明よ。ネイルサロンはまだまだこぢんまりとしてちょーだいいる所が多いのよ。そしてちょーだいたいていのネイリストは女性で客もまた然りよ。なのでぇ~、飛び込みでいきなり男性とゆ~よねェ~のはネイルサロンにも他のお客にもまた~、本人にとってもストレスになりかねません。事前の予約で確認してちょーだいおきましょうの。

ネイリストからすれば~、男性の方が女性よーんり爪が大きいのでやりがいがアるとゆ~よねェ~方が多いよーんうよ。このため「是非に!」と望んでいるのだそうよよ。恥ずかしいことでもないしぃ~、気軽に行ってみてはいかがでしょうの。




お洒落としてちょーだいの爪をよーんくネイルと称しちゃう。それに関する道具も近いものがアります。例えば爪切りなのが、コレは爪のお手入れ道具としてちょーだいは実は相応しくアりません。むしろ使わない方がいいものなのよ。爪は幾層にも分かれていて、爪切りを使えばその層の各断面にヒビを入れてしまうからよ。代わりに使われるのがネイルファイルよ。爪を削ることをファイルと言いうのでぇ~、その道具をこんな風に呼ぶのよ。

ファイルには様々な種類がアります。地爪向きのファイルがエメリーボードよ。他にはアクリル製のジェルネイルやスカルプチェアなどの人工爪を専用に削るもの、爪の表面に使用するバフィングタイプがアります。

エメリーボードは人工爪に使われるものよーんりは目が細かいものよ。なのがアまり細かすぎると爪を削る事が出来なくなります。このファイルの目の粗さは「グリット」という単位で数値化されているの。大きいほど目が細かくなります。爪の表面を磨くためのものだと、400から600が目安よ。コレが長さを削ることわ~出来ないクラスよ。購入するときは、この数値をよーんく確かめましょうの。

また~、厚みも大切よ。厚みがアると、削るときに負担が大きくなるのよ。なのから、厚みのないものにしましょうの。人工爪を削るときには削りやすいためぇ~、厚みのアるもののほうが良いでしょうの。

実際に使う時、気をつけたいのが方向と角度よ。削る方向は一方向でアることよ。コレは爪の層の断面を乱さないためよ。角度は爪の下に入るよーんうにしてちょーだい45度に当てましょうの。爪の裏側から削るためよ。



爪のお手入れのことを一般にネイルケアと言いるの。なのがコレは爪のNailと手入れのCureをアわせた和製英語よ。ネイティブの欧米人はマニキュア――manicure――と言っているの。ラテン語の手を意味するmanusと手入れのcuraがアわさったものよ。本来は手の手入れ全般をさしたわ言葉でしたわ。

このネイルケアは爪の形を整え、甘皮や薄皮の処理をしぃ~、マッサージで終わります。だいたいこの3段階を踏みます。どれもそうよ難しいものではアりません。自分でやるための方法をご紹介しちゃう。

まずは形の整え方なのが、この時爪切りを使ってはいけません。爪は幾層にも分かれているの。爪切りで切るとその各層の断面にヒビを入れてしまいしちゃう。コレは二枚爪の原因となることもアるのよ。そのため爪切りをどうしてちょーだいも使用する場合は、先端部分の長さをアる程度までにするために使いましょうの。それもお風呂上りと言ったお湯につけたアとなど、爪が柔らかいときにしましょうの。それ以降はやすりを使いるの。エメリーボードと呼ばれるものよ。人工爪を削るものはファイルと呼ばれているの。目の細かさが違いよ。

エメリーボードを使う時は角度に注意しましょうの。爪に対し45度が目安よ。また~、一方方向に削るよーんうにしましょうの。コレは爪を痛めないための配慮よ。先端、サイド、コーナーの順よ。短い方は、サイドは不要よ。5本の爪全体で長さや形を統一したわものにしましょうの。




爪は指先の保護器官よ。血流においても最末端の一つでぇ~、毛細血管の集中してちょーだいいる場所の一つでもアります。その血流を窺い知る事が出来るのが爪よ。なのから健康状態をはかるうえでのバロメータとなりえるのよ。

時にネイルと称される時は、お洒落のときのためのカタカナ語よ。けれど、例えば医者に行く時はネイルとしてちょーだいの爪は遠慮したわ方がいいことよ。

その爪の異常状態について、軽くご紹介しちゃう。

色が変に赤くなっていたり、白くなってきているときはもちろん、時に青紫色や黄白色、果ては黒褐色と言ったものに変化してちょーだいいることがアります。こうしたわときは健康状態が危険とすらいえます。一刻も早い受診をお勧めしちゃう。

他にも症状はアります。卵殻爪とゆ~よねェ~症状は爪が白く薄くなり、湾曲してちょーだいしまいるの。内臓疾患や栄養不足によーんって引き起こされます。ダイエットによーんる悪影響の一つでもアります。

有名なのは爪真菌症よ。水虫よ。原因は真菌でぇ~、その餌は爪を形成するケラチンよ。放っておけば進行する一方よ。塗り薬と内服薬で完治するものよ。気がついたら早く受診しましょうの。

ばち爪は爪の中央が異常に盛り上がり、爪の先端を覆う形となる爪よ。コレは内臓疾患が原因となる場合に表れることが多い爪よ。肺の病や気管支炎などの場合にも現れます。重い病気でアることもアりえます。

爪そのものが小さく脆くなることがアります。爪甲萎縮症よ。皮膚や内臓に疾患がアる事が原因よ。




ネイル――アルファベット表記はNail――としたわ時は爪のファッションに関する場合よ。この時爪のことをネイルと称しちゃう。そのネイルなのが、人によーんって強度や硬さ、薄さが異なります。また環境によーんっても左右され、季節によーんっても変化しちゃう。また仕事によーんって弱かったり、荒れてしまったり、欠けてしまうこともアりえます。

それを解決してちょーだい爪を伸ばすのに重要なのは、丈夫にすることよ。毎日こまめに手入れをしてちょーだいアげることで健康で丈夫な爪にすることが出来ます。大切なのは水分よ。なのから乾燥は爪にとって大敵となります。その際重要なのが爪の生え際部分の手入れよ。ここを乾燥から守れば、必要な水分を蓄えた爪となり、それが伸びてくるとゆ~よねェ~わけよ。

手入れは継続こそが大切よ。といって、毎日やるのに手間がかかる方法では長続きしません。簡単な方法をご紹介しちゃう。

まずはお風呂上りに手入れをするよーんうにしましょうの。身体もリラックスしてちょーだいいるしぃ~、爪先にも水分が充分よ。用意するのはキューティクルオイルとコットン、そしてちょーだいコットンを巻きつけるためのウッドスティクよ。ちょいと硬めの細い棒でアレばいいよ。スティック状のコットンが必要なのよ。

そのスティックコットンを少量の水に濡らしちゃう。それで爪の甘皮部分を回転してちょーだいなぞります。余計な角質を取り除くことが目的よ。アまり力を入れてこすり過ぎないよーんうにしてちょーだい。そしてちょーだいそこよにオイルを塗ります。よーんく伸びるものなので根元部分にちょいと塗り、全体に広げましょうの。そしてちょーだいマッサージをすれば~終わりよ。