トイプードルの歴史

ここでは、「トイプードルの歴史」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トイプードルの歴史についてお話したいと思います。 プードルは古い時代からの歴史ある犬種と言われています。その起源については不明で、ギリシャ、モロッコ、ロシア、ポルトガルなどに分布していたと言われています。最終的にはドイツからフランスに渡り、フランスで人気を博した事からフランス原産と言われるようになりました。プードルの体の大きさで、スタンダード、ミニチュア、トイプードルの3種類に分類されています。 スタンダードプードルは、もともと鳥猟犬として飼育されていました。泳ぎが得意で水鳥猟における回収犬としてプードルは活躍していました。 ミニチュアやトイプードルのサイズは、フランスやイギリスで、サイズダウンする事に熱心なブリーダーが、スタンダードプードルを小型化したものになります。プードルほど、それぞれのサイズが小型化され優秀な能力を発揮する犬種はまれにいません。 ミニチュアプードルは優れた嗅覚で、フランスではトリュフ狩りの名手とも言われています。 トイプードルは、多芸、多才なところが魅力的です。理解力に優れたトイプードルは、トレーニング性能が高く、サーカス団の主要なメンバーとなっているほど。私たちを楽しませ驚かせてくれる知的な犬の芸は、プードルによってもたらされて来たと言われるほどです。 サイズダウンによりプードルの歴史は、使役犬から愛玩犬へと変化し現在に至るのです。 今ペットショップなどで、とても人気のあるプードル。 価格はペットショップやブリーダー、地域によって違ってきますが、20万前後と思われます。 プードルの歴史を知ることで、これからプードルをペットにしようか考えていた方も、現在飼われている方もますます、愛着心が湧くと思います。時代に歴史があるように動物にも古くからの由来や歴史があるんですね。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。