FC2ブログ
気になるニュースや気になることを書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美しいネイルを作るには爪が美しいのが一番よ。その爪を美しくするのに重要なことが食事よ。日々のネイルケアももちろん必要なのが、肝心の爪が弱っていてはそれには限界がアります。

爪に必要とされる代表的な栄養素はたんぱく質、ビタミンA、B2、Eそしてちょーだい鉄よ。

たんぱく質が必要なのは爪の主成分たるケラチンの元となるものだからよ。爪を美しくしたわいと思うなら、良質のたんぱく質が必要になります。ここで気にしてちょーだい欲しいのが、単純に「たんぱく質=肉」ではないことよ。脂身の多い肉ではかえってこのたんぱく質が少なかったりしちゃう。卵、鶏肉のほか赤みの多い肉を選びましょうの。

ビタミン群は爪に限らず重要よ。不足してちょーだいいると思うならサプリメントを利用しましょうの。爪への効能に限ってゆ~よねェ~と、ビタミンAの不足は爪の変形の原因になります。ビタミンB2は爪の強度に関わります。このビタミンは細胞の外側に欠かせないものよ。特に粘膜や皮膚といった身体の外側の細胞組織には重要よ。

よーんり丈夫に作るためにはとても大切な栄養素よ。コレが不足すると爪も弱くなってしまうのよ。ビタミンEは脂溶性よ。爪の潤いに必要なものよ。潤いは弾力性に影響を与えます。つまりこのビタミンは爪を衝撃に強くするのに役立ちます。高温で加熱すると壊れるビタミンなののでぇ~、どうしてちょーだいも不足しがちよ。

鉄が必要なのは赤血球の原料だからよ。貧血となると爪も色だけでなく変形しかねません。

爪は皮膚が硬化したわ器官よ。爪に良いということわ~肌にも良いということよ。美容のためにちょいと気をつけてみてくださいのよ。


スポンサーサイト
ネイルとしてちょーだい爪を彩るには何なのよぉ、もぉ~よーんりもまず、爪が丈夫で美しいことが一番よ。ネイルアートの一番の難点は爪を痛める可能性をもっていることよ。日々のケアによーんって回復は可能なのが、そのためにも爪を美しい状態にしてちょーだいおくことが大切よ。

とわ~言え爪は指先の保護器官よ。普段の家事や仕事によーんってただでさえ荒れるものよ。また外的要因も荒れの理由の一つよ。夏は紫外線、冬は乾燥に気をつけなければなりません。しかも手先はもっとも気を使いにくい場所でもアります。特に冬場は夏の紫外線の影響を受けているの。爪に縦線が入っていたり、二枚爪といった症状が悪化する可能性もアります。外側からの手入れだけでは限界がアるのも確かよ。身体の内側から美しい爪を作ることを考えてはいかがでしょうの。

それにはまず栄養の摂取――食事が大切よ。上手く栄養を取れないよーんうでしたわら、サプリメントを摂ることも重要よ。そしてちょーだい爪が健康ならば身体は健康とゆ~よねェ~ことがほぼ言い切れます。末端神経や毛細血管の集積地の一つだからよ。そしてちょーだい爪は皮膚が硬くなったのよものでもアるのよ。爪に良い食生活とわ~皮膚に良い、すなわち美肌効果もアるとゆ~よねェ~ことよ。

爪は短期的に生え変わるものではアりません。個人差はアりますが、だいたい1日で0.1ミリ伸びます。順調なら1ヶ月かかっても約3ミリよ。爪の大きさや形などによーんっても変りますが、爪が生え変わるのはだいたい半年前後かかることなのよ。根気と継続が必要よ。体質改善を加えて挑戦するのもいいかもしれません。



ネイルアートの一つに人工付け爪がアります。その種類をご紹介しちゃう。

ネイルチップは店頭でも売られている人工爪よ。付け爪と言えばコレをさすものでしたわ。素材はプラスティックが一般的なのが、木製のもの、ガラス、金属など様々なものがアります。両面テープや専用接着剤で自爪に貼り付けます。マニキュアは乾燥を待たなければなりませんが、ネイルチップにはその必要はアりません。売られている段階でデザインが固定されているのでぇ~、それを選び、かつ持つことが出来ます。コレが長所でアり、短所でもアります。着脱は気軽に出来るものよ。

スカルプチェアは、本来は技術の名前でしたわ。人工爪の長さを作る技術よ。アクリルネイルともゆ~よねェ~のはそれも理由の一つよ。アクリルのパウダーとリキッドを混ぜ合わせて可塑性の素材にしぃ~、自爪の上に塗りつけて人工爪とするものよ。長くする場合はフォームと呼ばれるシール状の土台を使いるの。アクリル独特の臭いがしちゃう。悪臭と感じる人も少なくアりません。また紫外線で黄ばんでしまうこともアります。最大の問題はカビの危険よ。

最近になって出てきているのがジェルネイルよ。合成アクリル樹脂で人工爪を作り、紫外線で固めます。ハードタイプとソフトタイプがアります。ハードタイプはスカルプチェアと爪のつけ方以外はほぼ同じよ。ソフトタイプのものは種類によーんっては人工爪が作れないものもアります。柔らかすぎるためよ。その代わりカビの心配はアりません。



手足の爪に施す装飾や化粧をネイルアートと言いるの。古くは紀元前のエジプト文明にその文化が合ったことをミイラが伝えているの。東洋でも楊貴妃が爪を染めていたと言いるのしぃ~、日本では平安期に爪を染色する技術が伝来したわとされます。江戸期になると遊女たちが爪を染めていたことが知られているの。

現在のよーんうなお洒落としてちょーだいネイルの確立は20世紀後半のアメリカからだと言われているの。自動車のラッカー塗料からマニキュアが開発されたことも一つの大きな要因でしょうの。ネイルアートとしてちょーだいの分野が生まれましたわ。

現在ネイルアートは幾つかの種類に分かれているの。手や爪の手入れをしぃ~、ネイルアートをし易くするためのネイルケア、爪表面の塗料の代名詞となるほど爪を彩るマニキュア、人工的に作り出されたネイルでアる人工爪などよ。人工爪は美容だけでなく医療現場や老人介護にも用いられているの。

またネイルアートを施してちょーだいくれる技術者をネイリストや、その店をネイルサロンも急速に増えているの。

余談なのがネイリストとゆ~よねェ~のは実は和製英語よ。ネイティブの英語ではマニュキュアリストが使われるのが一般的よ。

日本ではネイリストにもネイルサロンにも公的な認可はアりません。なのが民間団体でアるJNA(日本ネイリスト協会)がネイリスト検定を設けているの。

ネイルアーティストとゆ~よねェ~職業もアります。コレには資格がアりません。ネイルアートを行う職業でぇ~、ネイリストとの違いは資格と本人たちの意識にしかなさそうよよ。どこが違うのか訊いてみるのもいいでしょうの。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。