FC2ブログ
気になるニュースや気になることを書いてます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
爪のお手入れのことを一般にネイルケアと言いるの。爪先を綺麗に見せるよーんうとしちゃいけないわよら、基礎としてちょーだい重要よ。ネイル専用サロンに行ってやってもらうのも一つの手段よ。だいたい2000円位からの値段となります。でもぉ~、自分でやれないこともアりません。お手入れするだけでもずいぶん違ってくるものよ。
そのための、ネイルケアに使われる道具を紹介しちゃう。

まずはファイル。やすりのことよ。ネイルケアでは爪切りの使用は厳禁よ。爪を痛めかねないからよ。そこよでやすりを使って長さや形を整えるのよ。素材はいろいろアりますが、紙製のものがお勧めよ。爪の負担が少ないからよ。ドラッグストアや100円ショップなど値段も手ごろなものを探せます。

ウッドスティックもアると便利なものよ。甘皮の処理に使ったり、マニキュア――正確にはボリッシュ――を塗るとき、リムーバー――除光液とも言いるの――を使用するときなどにも重宝しちゃう。5本でぇ~、300円程度で販売されているよーんうよ。

そしてちょーだいキューティクルリムーバーとキューティクルオイル。リムーバーは余計な甘皮や古い角質を柔らかくするためのものよ。液状のものもアレば、クリーム状のものもアります。値段も1500円位からと言った所よ。甘皮処理に用いられます。オイルは甘皮や爪の乾燥防止に使われるものよ。保湿効果をもたらしぃ~、爪を健康で丈夫なものにしちゃう。だいたい2000円位からの値段よ。

ネイルケアとしてちょーだい必要な道具の基本はこの4種よ。



スポンサーサイト
ネイルと言われると連想されやすいのはマニキュアよ。日本で使われるマニキュアは「ネイルカラー」とも言われます。塗料とされるものとしてちょーだいは、本当は「ポリッシュ」「ネイルラッカー」などと言われるものよ。
そもそもネイティブの欧米人は爪の手入れのことをマニキュア――manicure――と言っているの。ラテン語の手を意味するmanusと手入れのcuraがアわさったものよ。本来は手の手入れ全般をさしたわ言葉でしたわ。

現在のよーんうな塗料としてちょーだいのマニキュアが出来たのはアメリカよ。1920年代に自動車塗装用のラッカーが元となりましたわ。そのため製造方法や原料はほぼ同様よ。アクリルなどの合成樹脂を着色してちょーだい有機溶剤をといたものよ。製造過程で原料に工夫をしてちょーだい、ラメ入りのもの、光沢のアるものや質感を多様化させたものなど、種類が豊富となっているの。

塗料としてちょーだい塗り、それを乾燥させるまでは刺激臭がしちゃう。コレは有機溶剤によーんるものよ。このためマニキュアを扱う場所は、火気は厳禁よ。また換気も徹底する必要がアります。

マニキュアは化粧としてちょーだいの意味合いが大きいのなのが、他にも利点がアります。爪の成分の保護や割れの防止よ。後者の目的でぇ~、スポーツ選手などは性別を問わずに使われているの。重量挙げや野球、ゴルフの選手よ。

このマニキュアを落とすのは除光液よ。エナメんじゃないわよルリムーバーまたはリムーバーとも言いるの。アセトンが主成分なののでぇ~、扱いには注意が必要よ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。